くみさとのほんわか日記

「ザ・ロイヤルエクスプレス」で河津桜を見に、ちょっと早いネ!!

コース:「河津」

 「ザ・ロイヤルエクスプレス」で河津へ。。
  今年の寒さで桜は3分咲きだったけど・・気分は満開!!


3分咲き程度に咲いた河津川土手の河津桜

「ザ・ロイヤルエクスプレス」に乗って一足早い桜、河津桜を見に河津へ🌸。今年の伊豆の冬の寒さもかなり厳しく、開花がだいぶ遅れているようで、3分咲き程度。。
それでも今年初の桜、濃いピンクの花を見上げたり、河童の壺伝説を聴いたりと、気分は満開!!とても楽しかったで~す。

                  image6.gif   image15.gif

☆今回のロイヤルエクスプレスの旅は伊東から河津まで、5号車のとても洒落た格子のある個室風の座席で、乗車まもなくバイオリンの生演奏を聴きながらの美味しいランチで優雅な気分に。
3号車の多目的車両にはお雛様と吊るし雛が飾られて、華やかな春の気配が・・・。
マジシャンが座席に来てくれて、初めての”かぶりつきマジック”を体験。至近距離なら絶対見破れると思ったのに、不思議・不思議!!どうなっているのか夜も眠れなくなるほど考えてしまいました。。楽しい時間はあっという間に、河津に到着でした。

河津駅に到着したロイヤルエクスプレス

5号車の個室席

食事時のバイオリンの生演奏

3号車のお雛様  吊し雛


☆河津川沿いの河津桜はちょっと早くて3分咲き程度。それでも沢山咲いている花を見つけては、鮮やかなピンクの花を見上げたりしながら今年初の桜を堪能してきました。
河津川土手の河津桜

河津桜1

河津桜2

河津桜3


☆土手から少し離れた民家の庭先に河津桜の原木があるとのことで行ってみました。
昭和30年頃に河津川沿いで見つかった新種の桜は、オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種と推定されているそうで、昭和49年に「河津桜」と命名されたそうです。
最近は各地で春一番の桜として知られていますが、この一本から始まったのですね!!

河津桜の原木

原木の桜の花1

原木の桜の花2


☆土手から少し歩いて栖足寺(せいそくじ)へ。河童にまつわる品々が祀られている本堂内で、住職さんが河童の壺伝説を説明。。その壺をおもむろに開けて、耳を近づけるとせせらぎの音が聞こえると・・・。皆さん耳を近づけて”聞こえた”と感動していましたが、、なんだか私には聞こえなかったような・・・、でも聞こえたような感じと言ってしまいました。
境内には河童が逃げ込んで助かったという「守りの井戸」があり、中の小石は護身、水難除けのお守りとして頂きました。

栖足寺

河童の壺伝説を話す住職

河童の壺

カッパが逃げ込んで助かった井戸


☆近くには来宮神社があり、本殿脇には熱海の来宮神社と同じように御神木の大クスノキがあり、パワーをいただきました。
河津の来宮神社

ご神木の楠木1  ご神木の楠木2


☆栖足寺と来宮神社で御朱印をいただきました。
    ↓来宮神社                    ↓栖足寺

栖足寺と来宮神社の御朱印

      sakura.gif
       一足早く桜のシーズン到来。嬉しいな、楽しいな!!  
 いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

「吾妻山公園」の満開の菜の花にうっとり、幸せ気分に!!

コース:「吾妻山公園」

  「吾妻山公園」の満開の菜の花にうっとり、幸せ気分に!!

吾妻山公園頂上に咲く菜の花と伊豆半島の遠景

JR二宮駅前の「吾妻山公園」の菜の花が見頃との新聞の写真に誘われて、連休最終日の北風の寒い晴れた日に、菜の花いっぱいの風景に春の訪れを感じてきました。
新聞の写真で見た山頂の菜の花と富士山のコラボ写真を狙いましたが、、富士山はあいにく雲に隠れて、コラボ写真は・・・。

                 image6.gif   image15.gif

☆駅前から程なく、「吾妻山公園」入口の急な石段が現れ、しばらく登るとくねったスロープに変わり、どこまで続くのだろうとちょっと弱気になっている私に、、周りに咲いている良い香りのスイセンの花が、『もう一息・頑張ってネ!!』と応援してくれているよう。
吾妻山公園の入り口

スイセン1  スイセン2


☆136mを一気に登るとなだらかな山頂が見え、大勢の人たちが訪れていました。
西側の斜面には約6万株ともいわれている菜の花が見事な黄色い絨毯を敷き詰め、、菜の花はまさに満開!!とっても綺麗で可愛いらしくて満足・大満足!!

吾妻山公園頂上の菜の花1

吾妻山公園頂上の菜の花2

吾妻山公園頂上の菜の花3


☆菜の花と一緒に、眼下に広がる相模湾や箱根の山々から伊豆半島のパノラマが、菜の花の春の景色を一層盛り上げてくれました。
富士山には雲がかかってなかなか全体が見れなかったのが残念。。雲を追い払おうと口を膨らませてフゥーとやってみましたが、なかなか・・・。何とか粘って少し姿を望めて、嬉しかったです。

頂上に咲く菜の花

菜の花と箱根の山並みに続く伊豆半島

菜の花と富士山


☆菜の花の鮮やかな黄色い絨毯、これだけ広がっていると実に見事です。うっとり!!
遠くの景色と一緒に眺めたり、綺麗な菜の花をごく近くで覗き込んだりと、寒さにも負けずに菜の花を楽しんできました。

菜の花1

菜の花2

菜の花3

        ハート
  まだ寒い日が続きます、インフルエンザに注意してね!!
 いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

念願の鶴巻温泉 「元湯陣屋」に泊まる!!

コース:「元湯陣屋」

念願だった鶴巻温泉♨ 「元湯陣屋」に泊まって幸せ気分に!!

鶴巻温泉 「元湯陣屋」の源氏館と雅の間

将棋や囲碁のタイトル戦の舞台として知られている鶴巻温泉の「元湯陣屋」。。美味しい料理とカルシウム含量の多い美肌効果満点の♨温泉にどっぷりとつかり、、見る見るうちにお肌つるつる、、疲れもドンドン流して・・モリモリ・・リフレッシュ!!してきました。
森の中の庭園に囲まれた落ち着いた客室で、のんびりと素晴らしいひと時を過ごし、、満足・満足!!でした。

                 image6.gif   image15.gif

☆鶴巻温泉駅から5分位で広~い森のような景色が目の前に開け、ここが「元湯陣屋」の入口です。
ドン・ドンと陣太鼓を鳴らして頂いて、石段や玉砂利の通路を案内されながら、ようやく玄関です。とても懐かしくもあり、ほっとする玄関の佇まいでした。

陣太鼓のある陣屋の入口

玄関へのアプローチ1

玄関へのアプローチ2

陣屋の玄関


☆客室は源氏物語の登場人物名がつけられていて、案内された「夕顔」はとても落ち着いた和室二間で、将棋の大山康晴名人の書が掛けられていました。
陣屋の「松風の間」で将棋や囲碁のタイトル戦が今までに何んと300以上も行われたそうで、廊下には数々の名勝負のパネルなどが展示されていました。藤井聡太五段もここでやるのかな?

客室

客室に掛けられた大山康晴名人の書


☆客室の露天風呂は総檜造りで、世界有数のカルシウムを含む天然温泉、美人の湯だそうです。我が家の風呂の何倍もの大きさの露天風呂に満々の温泉。ザブ~ンと流れるのを楽しみながら、、極楽・・と言いながら、、美肌になるよう願いながら・・の入浴。幸せ~です。。
昼間の庭の景色や夜のライトアップされた庭を眺めながらの露天風呂は最高でした。

客室の総檜露天風呂

部屋からの昼間の庭の景色

部屋からの夜の庭の景色


☆玄関通路の脇にある飲泉は、神奈川県第一号の飲泉許可を取ったそうです。源泉口で優しい温泉をいただき、胃腸に良いとのことで、なんだか消化が良くなったみたい。
庭園の広さは一万坪ともいわれ、客室や食事処「賑わい亭」、結婚式や宴会場となる「源氏館」などに面して池が配置され、緑に囲まれた静かで趣のある景色でした。

玄関への通路脇にある飲泉の源泉口

池を中心とした日本庭園

結婚式などが行われる源氏館と雅の間


☆幼少時代に陣屋で過ごしていたことがあるという宮崎駿監督の可愛らしい色紙が食事処の入口に飾られていました。
陣屋の入口から少し入ったところに、「トトロの木」と呼ばれる大きなクスノキが高く広がり、ちょっぴり映画に入り込んだような気分が味わえました。

宮崎駿監督の色紙

陣屋のクスノキ「トトロの木」1  陣屋のクスノキ「トトロの木」2

   豆まき2    豆まき
まだかなり寒い日が続きます!! 風邪ひかないでね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

ケーブルカーで大山寺と大山阿夫利神社へ!!

コース:「大山寺」⇒「大山阿夫利神社」

      ケーブルカーで大山寺と大山阿夫利神社へ!!

大山寺への急な石段を上から眺める

横浜から西の方角にある丹沢の山々の一番左に見える三角形の山、大山にケーブルカーで登り、大山寺と大山阿夫利神社下社にお詣りしてきました。
平日で真冬の寒い時期なので訪れる人もまばらでしたが、心地よい足の運動の後は美味しい豆腐料理をいただいて帰ってきました。

                 image6.gif   image15.gif

☆小田急伊勢原駅からのバスを降りて、大山ケーブル駅までは「こま参道」の長~い石段が続き、いきなりバテ気味でした。
所々に登ってきた石段数を表すこまの表示や大山にまつわるクイズがあったり、参道のお土産屋さんも目を楽しませてくれて、ようやくケーブルの駅に到着です。

こま参道

石段数を表すこま表示

大山こまの製造現場


☆鮮やかな緑のケーブルカーはスマートで、グッドデザイン賞に輝いたそうです。中間地点の大山寺駅で上り下りのケーブルカーが同時到着し、ここで降りて大山寺へ向かいました。
大山ケーブル駅

大山寺駅の2両のケーブルカー


☆大山寺への急な石段が最後に待っていました。何とか登り切って本堂にお詣りしました。大山寺は関東三大不動の一つで、通称「大山のお不動さん」として親しまれているそうです。
脇の谷に向かって素焼きの小皿を投げて、「かわらけ投げで厄落とし」してきました。

大山寺への急な石段

大山寺

かわらけ投げ1  かわらけ投げ2


☆再びケーブルカーに乗って終点の阿夫利神社駅に到着です。阿夫利神社下社の境内はとても広く、古くから雨降り信仰の神社だそうです。
参拝を済ませてから、下社の社殿地下にある竜神様の口から湧き出ている御神水の「大山名水」をいただいてきました。
下社の境内から江の島や三浦半島が霞の中をぼんやりと望めました。

阿夫利神社

大山名水

阿夫利神社からの景色

江の島や三浦半島がぼんやり


☆大山寺と大山阿夫利神社下社で、参拝記念に御朱印をいただきました。
大山寺と阿夫利神社の御朱印

     雪合戦
まだかなり寒い日が続きます!! 風邪ひかないでね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

山々は紅葉色に衣替え!!(その3)

コース:「高瀬渓谷」⇒「小布施」⇒「懐古園」
     
       雨の高瀬渓谷の紅葉はとても鮮やか!!
               
小布施にある北斎館

紅葉巡りツアー3日目は一日中小雨が降り続くあいにくの空模様。。秘境といわれる高瀬渓谷の紅葉は半ば諦め気味でしたが、近くの山々の紅葉がぬれて光り、とっても鮮やかな景観に大興奮。
小布施で昼食を取り、小諸城址・懐古園を訪れてツアーは終了。
雨の中でしたが、なかなか訪れることができないところの紅葉が見られてとても・とてもよかったです。

                  image6.gif   image15.gif

☆前日宿泊した白馬八方の「白馬東急ホテル」からしばらくバスで揺られ、ようやく高瀬渓谷に近づき、周りの山々も素晴らしい色付きの紅葉を見せてくれました。雨よどうか止んで!!と神頼み。。
高瀬渓谷へのバスからの紅葉1

高瀬渓谷へのバスからの紅葉2

高瀬渓谷へのバスからの紅葉3


☆高瀬渓谷の入口は許可されたタクシーのみが通行できる秘境。。タクシーで狭いトンネルを抜けて渓谷沿いに進むと、巨大な石積みの七倉ダム(高瀬ダム)が目の前に!!
ダムに設けられた道路をジグザグに進んで頂上に着き、タクシーを降りると大きなダム湖が広がっていました。絶景!!すご~い!!

七倉ダムへのタクシー乗り換え場所

七倉ダム1

七倉ダム2

七倉ダム頂上からの湖


☆ダムの頂上から歩いて更にトンネルを抜けると、ようやく渓谷が開け、ダム湖に注ぐ不動沢に架かる吊り橋に出ました。
吊り橋を渡る先や渡った後ろの山々、ダム湖側や沢の上流側の山々、四方見渡す限りの紅葉が雨でぬれて光っていました。とても鮮やかな輝きに思わず、素晴らしい!!綺麗!!の連発でした。何んと素晴らしいコントラストでしょう。

不動沢吊り橋(往)

不動沢吊り橋(復)

吊り橋からのダム湖側

吊り橋からの不動沢上流側


☆疲れた目を休めながら、新栗いっぱいの小布施で自由昼食を。。小雨の中を散策して土産物を買ったり、夫はいいお酒を私は美味しい栗のお菓子を探したり、…楽しんできました。満足・大満足!!
小布施の街並み1

小布施の街並み2


☆ツアー最後の訪問地は小諸城址・懐古園。。日本100名城の一つだそうで、紅葉はこれからでした。
三の門から真っ直ぐに進んで紅葉谷に架かる黒門橋を渡り、本丸跡の懐古神社にお詣りして、静かな雨の散策もいいものでした。

小諸城址三の門

黒門橋

懐古神社


☆石垣は自然の石を巧みに積み上げた技法で、野面積(のづらづみ)と呼ばれているそうです。鮮やかな緑色の苔が石垣を覆い、安らかな気持ちを与えてくれました。
小諸城址の石垣1

小諸城址の石垣2

   かかし
       実りの秋だね!!新米がおいしいね!!
 いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!