FC2ブログ

くみさとのほんわか日記

「日向薬師」は山奥に佇む茅葺きの荘厳なお寺でした!!

コース:「日向薬師」

「日向薬師」は山奥に佇む茅葺きの荘厳なお寺でした!!

日向薬師本堂中央の龍の彫刻

晩秋の気持ちのいい日が続き、初めて「日向薬師」に出かけてみました。
参道は山登り道や石段が多くてちょっときつかったのですが、境内も広く、本堂は山奥に佇む茅葺きの荘厳なお寺で驚きました。

      image6.gif   image15.gif

☆小田急伊勢原駅からバスで日向薬師終点に着きました。
両脇の石の柱と2つの石塚から始まる参道が、山の中へとずっと続いていました。

日向薬師参道入口

日向薬師参道入口の塚


☆坂道や石段をしばらく進むと、歴史を感じさせる仁王門が見えてきました。
阿形、吽形の金剛力士像は超迫力満点で、ここから聖域であることを強く感じさせてくれました。

仁王門

金剛力士像、阿形

金剛力士像、吽形


☆さらに森の中の山道を登って行くと、ちょっと長い石段が見え、登り切ると広い境内の正面に「日向薬師」の本堂が現れました。
本堂へ続く参道

本堂への石段

日向薬師本堂1


☆漆塗りに茅葺きの大きな「日向薬師」は、鎌倉時代に行基によって開創されたと伝えられる、日本三薬師の一つだそうです。荘厳な雰囲気のある立派なお寺でした。
かつて日向山霊山寺(りょうぜんじ)といわれたそうで、扁額に名前が残っていました。

日向薬師本堂2

日向薬師本堂3

霊山寺の扁額


☆境内の脇には、鐘堂と樹齢800年といわれる二本杉(幡かけ杉)が存在感を示していました。
鐘堂の四隅は各3本の柱から成り、合計12本の柱はとても珍しいそうです。

二本杉

二本杉と鐘堂

鐘堂

 もみじ1   もみじ2
晩秋の風が冷たくなったね、風邪ひかないようにね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

秋の一日、小江戸川越をゆっくりと散策!!

コース:「喜多院」⇒「蔵造りの街」

秋の一日、小江戸川越をゆっくりと散策!!

川越大師喜多院境内

気持ちのいい秋の日、横浜から直通で行かれるようになった、江戸の風情が感じられる小江戸川越に出かけてみました。
川越大師「喜多院」の境内はとても静かでしたが、「蔵造りの街」界隈は若い人たちで大変賑わっていて、まさに観光地そのものでした。

      image6.gif   image15.gif

☆かなり広い公園のような川越大師「喜多院」の境内に、本堂(慈恵堂)など多数の建物が文化財として保存されていました。
三代将軍家光公によって江戸城から移築された別殿は、家光公の誕生の間や春日局の化粧の間など、三つ葉葵のご紋と共に江戸文化の一端に触れることができました。

   (本堂「慈恵堂」)
喜多院本堂
   (多宝塔)
喜多院多宝塔
   (慈眼堂)
喜多院慈眼堂
   (五百羅漢)
喜多院五百羅漢


☆「仙波東照宮」はこじんまりとした佇まいでしたが、三つ葉葵のご紋の入った扉や拝殿、本殿が朱塗りで彫刻が施されていて、家康公の威厳が今も強く残っている感じでした。
仙波東照宮の鳥居

扉の葵のご紋

仙波東照宮の拝殿

仙波東照宮の本殿


☆川越の観光地「蔵造りの街」は大変な人出で、大賑わいでした。
重厚感のある蔵造りの家並みが続き、江戸の商人の街が偲ばれました。

蔵造りの街1

蔵造りの街2

蔵造りの町街3


☆「蔵造りの街」のほぼ中心地には、「時の鐘」の高い鐘楼が、どこから見ても目立つ存在でした。鐘の音を聞いてみたかった!!
時の鐘1

時の鐘2

時の鐘3

   かかし
 実りの秋だね、新米がおいしいね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

昔懐かしい山里「花沢の里」の早春を散策!!

コース:「花沢の里」

昔懐かしい山里「花沢の里」の早春を散策!!

花沢川の菜の花

焼津と静岡を結ぶ日本坂トンネルの焼津側入口付近から山へと続く道を少し進むと、昔懐かしい山里「花沢の里」があります。
花沢川沿いの狭い街道の片側を中心とする山村集落で、民家と山川の自然を眺めながら、暖かな早春の一時をゆっくりと散策してきました。

      image6.gif   image15.gif

☆駐車場から山間に向かい、所々にミカン畑が広がり、菜の花や河津桜が咲き、キセキレイがいる綺麗な水の花沢川沿いを少し歩くと、古風な灯篭に出会います。「花沢の里」入口の目印です。
花沢川の河津桜

花沢川のキセキレイ

「花沢の里」入口の灯篭


☆谷川に沿って狭い街道を進むと、左側に30戸ほどの集落が現れてきました。石垣に板張りの建物が連なり、周囲の自然環境と一体となった独特の景観でした。懐かしさに出会えました。
「花沢の里」は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。

花沢地区の民家1

花沢地区の民家2

花沢地区の民家3

花沢地区の民家4


☆水車小屋も健在で、内部には水車によって上下する杵と石臼が見られ、夫は「懐かしい!!」と、しばらくその場を離れませんでした。
水車小屋

水車小屋の内部


☆集落の北外れには「法華寺」があり、これより奥はハイキングコースが延びていました。
立派な仁王門の奥にある本堂は改修中で、立ち入り禁止で残念でした。

法華寺

法華寺仁王門

法華寺本堂


☆帰りに、蔵を利用した庭カフェ「カントリーオーブン」で美味しいコーヒーを頂きました。
蔵の内部も素敵なカフェで、私たちは蔵の外の暖かい陽射しの中で、民家の庭や周りの景色を眺めながらの贅沢な一時を過ごしました。。マンゾク・マンゾク

庭カフェ「カントリーオーブン」

蔵の外観

蔵の内部

蔵前のテーブルでコーヒータイム

   つくしクマ    たんぽぽ
 ようやく春だね。早く 暖かくなって欲しいね!!        
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

古くに創建された由緒ある2つの神宮を参拝!!

コース:「鹿島神宮」⇒「香取神宮」

古くに創建された由緒ある2つの神宮を参拝!!

鹿島神宮楼門1

国家鎮護の神として信仰されている鹿島神宮と香取神宮を、1月末にお詣りしてきました。両神宮は神武天皇の御代に創建されたと伝えられているかなり古くて由緒ある神宮だそうです。
関東の近くにあってもなかなか参拝する機会がなかったので、バスツアーで行ってきました。

      image6.gif   image15.gif

鹿島神宮 大鳥居から広い参道をまっすぐに進むと、朱塗りの立派な楼門がありました。
日本三大楼門の一つとされているそうで、大きくて威厳があります。

鹿島神宮大鳥居

鹿島神宮楼門2

鹿島神宮楼門の扁額


☆立派な拝殿の後ろには、さらに豪華な装飾などが施された本殿が鎮座し、威厳を誇っていました。
御祭神の「たけみかづちの大神」が天照大神の命により、香取神宮の御祭神と共に、出雲の大国主神と話し合って日本の建国に尽くしたと言われています。

鹿島神宮拝殿と本殿

鹿島神宮本殿


☆本殿からさらにまっすぐと続く奧参道は、自然林の深い森の中を進むような雰囲気で、凜とした静けさが漂っていました。
鹿園を過ぎて程なく歩くと奥宮が見え、奥宮の後ろを少し進むと、少し露出した先端部がやや凹型にへこんでいる要石がありました。地中深くまで石棒を差し込んだ要石が、頻発していた地震を鎮めたと伝えられているそうです。

鹿島神宮奥宮への奥参道

鹿島神宮奥宮

鹿島神宮要石


香取神宮 赤い大鳥居から緩やかな参道を進んで朱塗りの総門をくぐると、大きくて立派な朱塗りの楼門に出ました。
この楼門は徳川幕府によって造営され、扁額の文字は東郷平八郎の筆だそうです。

香取神宮大鳥居

香取神宮総門

香取神宮楼門

香取神宮楼門の扁額


☆香取神宮の御祭神は「ふつぬしの大神」で、鹿島神宮の御祭神と共に日本の建国に尽くしたそうです。
拝殿と並ぶ本殿も徳川幕府によって造営されたそうで、ひわだぶきの屋根に黒漆を基調とした色合いに極彩色で彩られていて、神の力の偉大さが感じられます。

香取神宮拝殿

香取神宮本殿


☆本殿から旧参道を下ると要石があり、少し露出している先端部は丸く凸型をしていました。
さらに進むと奥宮に出ました。昭和48年の伊勢神宮の遷宮の古材で造営されたそうです。

香取神宮要石

香取神宮奥宮


☆鹿島神宮と香取神宮で、それぞれ御朱印を頂きました。
鹿島神宮の御朱印

香取神宮の御朱印

   雪合戦
寒さも後もう少し、風邪に気をつけてね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

節分前に念願の「成田山新勝寺」をゆっくりと参拝!!

コース:「成田山新勝寺」

節分前に念願の「成田山新勝寺」をゆっくりと参拝!!

「成田山新勝寺」の大伽藍

1月末にバスツアーで、長年の念願であった「成田山新勝寺」に参拝してきました。
とても広い境内にたくさんの伽藍が所狭しと建ち、何と6カ所で御朱印を頂きました。
大本堂前の広場では、テレビでおなじみの節分の豆まきが、今年も盛大に行われたことでしょう。「福は~内」

      image6.gif   image15.gif

☆総門は実に重厚で豪華な造りで、成田山の黄金の扁額が目立っていました。
「成田山新勝寺」の正式名称は「成田山金剛王院新勝寺」だそうです。

総門

総門の扁額

新勝寺の正式名称


☆総門をくぐってまっすぐ進み、築地魚河岸の大きな提灯がぶら下がる仁王門を通ると、大きな広場の正面に大本堂が威厳を持って建っていました。ご本尊は不動明王だそうです。
ここは毎年、歌舞伎の成田屋市川家や横綱力士などが豆まきを行って大変な賑わいとなっているところで、豆まきの様子がテレビに映し出されるところです。

仁王門1

仁王門2

大本堂1

大本堂2


☆大本堂の左側には立派な釈迦堂がありました。
さらに脇を上がると、ちょっと派手な出世稲荷があり、赤い絵馬がとっても可愛らしかったです。

釈迦堂

出世稲荷1

出世稲荷2


☆大本堂の裏手を上がっていくと、剣の扁額の掛かった光明堂や、薬師如来のいる醫王殿、一番奥には大きな二重塔である平和大塔が並ぶように建っていました。
光明堂1

光明堂2

醫王殿

平和大塔


☆お詣りを済ませて御朱印を頂き総門前に戻ると、広い通りの両側にはうなぎ屋さんや漬物屋さん、土産物屋さんなどが軒を連ね、大勢の参拝客で賑わっていました。
門前町1

門前町2

門前町3


☆何と6カ所で御朱印をありがたく頂きました。
   釈迦堂                      大本堂                    
釈迦堂と大本堂の御朱印
   光明堂                      出世稲荷
光明堂と出世稲荷の御朱印
   平和大塔                     醫王殿
平和大塔と醫王殿の御朱印

    豆まき2    豆まき
まだ寒い日が続きます、風邪ひかないでね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!