FC2ブログ

くみさとのほんわか日記

昔懐かしい山里「花沢の里」の早春を散策!!

コース:「花沢の里」

昔懐かしい山里「花沢の里」の早春を散策!!

花沢川の菜の花

焼津と静岡を結ぶ日本坂トンネルの焼津側入口付近から山へと続く道を少し進むと、昔懐かしい山里「花沢の里」があります。
花沢川沿いの狭い街道の片側を中心とする山村集落で、民家と山川の自然を眺めながら、暖かな早春の一時をゆっくりと散策してきました。

      image6.gif   image15.gif

☆駐車場から山間に向かい、所々にミカン畑が広がり、菜の花や河津桜が咲き、キセキレイがいる綺麗な水の花沢川沿いを少し歩くと、古風な灯篭に出会います。「花沢の里」入口の目印です。
花沢川の河津桜

花沢川のキセキレイ

「花沢の里」入口の灯篭


☆谷川に沿って狭い街道を進むと、左側に30戸ほどの集落が現れてきました。石垣に板張りの建物が連なり、周囲の自然環境と一体となった独特の景観でした。懐かしさに出会えました。
「花沢の里」は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。

花沢地区の民家1

花沢地区の民家2

花沢地区の民家3

花沢地区の民家4


☆水車小屋も健在で、内部には水車によって上下する杵と石臼が見られ、夫は「懐かしい!!」と、しばらくその場を離れませんでした。
水車小屋

水車小屋の内部


☆集落の北外れには「法華寺」があり、これより奥はハイキングコースが延びていました。
立派な仁王門の奥にある本堂は改修中で、立ち入り禁止で残念でした。

法華寺

法華寺仁王門

法華寺本堂


☆帰りに、蔵を利用した庭カフェ「カントリーオーブン」で美味しいコーヒーを頂きました。
蔵の内部も素敵なカフェで、私たちは蔵の外の暖かい陽射しの中で、民家の庭や周りの景色を眺めながらの贅沢な一時を過ごしました。。マンゾク・マンゾク

庭カフェ「カントリーオーブン」

蔵の外観

蔵の内部

蔵前のテーブルでコーヒータイム

   つくしクマ    たんぽぽ
 ようやく春だね。早く 暖かくなって欲しいね!!        
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

古くに創建された由緒ある2つの神宮を参拝!!

コース:「鹿島神宮」⇒「香取神宮」

古くに創建された由緒ある2つの神宮を参拝!!

鹿島神宮楼門1

国家鎮護の神として信仰されている鹿島神宮と香取神宮を、1月末にお詣りしてきました。両神宮は神武天皇の御代に創建されたと伝えられているかなり古くて由緒ある神宮だそうです。
関東の近くにあってもなかなか参拝する機会がなかったので、バスツアーで行ってきました。

      image6.gif   image15.gif

鹿島神宮 大鳥居から広い参道をまっすぐに進むと、朱塗りの立派な楼門がありました。
日本三大楼門の一つとされているそうで、大きくて威厳があります。

鹿島神宮大鳥居

鹿島神宮楼門2

鹿島神宮楼門の扁額


☆立派な拝殿の後ろには、さらに豪華な装飾などが施された本殿が鎮座し、威厳を誇っていました。
御祭神の「たけみかづちの大神」が天照大神の命により、香取神宮の御祭神と共に、出雲の大国主神と話し合って日本の建国に尽くしたと言われています。

鹿島神宮拝殿と本殿

鹿島神宮本殿


☆本殿からさらにまっすぐと続く奧参道は、自然林の深い森の中を進むような雰囲気で、凜とした静けさが漂っていました。
鹿園を過ぎて程なく歩くと奥宮が見え、奥宮の後ろを少し進むと、少し露出した先端部がやや凹型にへこんでいる要石がありました。地中深くまで石棒を差し込んだ要石が、頻発していた地震を鎮めたと伝えられているそうです。

鹿島神宮奥宮への奥参道

鹿島神宮奥宮

鹿島神宮要石


香取神宮 赤い大鳥居から緩やかな参道を進んで朱塗りの総門をくぐると、大きくて立派な朱塗りの楼門に出ました。
この楼門は徳川幕府によって造営され、扁額の文字は東郷平八郎の筆だそうです。

香取神宮大鳥居

香取神宮総門

香取神宮楼門

香取神宮楼門の扁額


☆香取神宮の御祭神は「ふつぬしの大神」で、鹿島神宮の御祭神と共に日本の建国に尽くしたそうです。
拝殿と並ぶ本殿も徳川幕府によって造営されたそうで、ひわだぶきの屋根に黒漆を基調とした色合いに極彩色で彩られていて、神の力の偉大さが感じられます。

香取神宮拝殿

香取神宮本殿


☆本殿から旧参道を下ると要石があり、少し露出している先端部は丸く凸型をしていました。
さらに進むと奥宮に出ました。昭和48年の伊勢神宮の遷宮の古材で造営されたそうです。

香取神宮要石

香取神宮奥宮


☆鹿島神宮と香取神宮で、それぞれ御朱印を頂きました。
鹿島神宮の御朱印

香取神宮の御朱印

   雪合戦
寒さも後もう少し、風邪に気をつけてね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

節分前に念願の「成田山新勝寺」をゆっくりと参拝!!

コース:「成田山新勝寺」

節分前に念願の「成田山新勝寺」をゆっくりと参拝!!

「成田山新勝寺」の大伽藍

1月末にバスツアーで、長年の念願であった「成田山新勝寺」に参拝してきました。
とても広い境内にたくさんの伽藍が所狭しと建ち、何と6カ所で御朱印を頂きました。
大本堂前の広場では、テレビでおなじみの節分の豆まきが、今年も盛大に行われたことでしょう。「福は~内」

      image6.gif   image15.gif

☆総門は実に重厚で豪華な造りで、成田山の黄金の扁額が目立っていました。
「成田山新勝寺」の正式名称は「成田山金剛王院新勝寺」だそうです。

総門

総門の扁額

新勝寺の正式名称


☆総門をくぐってまっすぐ進み、築地魚河岸の大きな提灯がぶら下がる仁王門を通ると、大きな広場の正面に大本堂が威厳を持って建っていました。ご本尊は不動明王だそうです。
ここは毎年、歌舞伎の成田屋市川家や横綱力士などが豆まきを行って大変な賑わいとなっているところで、豆まきの様子がテレビに映し出されるところです。

仁王門1

仁王門2

大本堂1

大本堂2


☆大本堂の左側には立派な釈迦堂がありました。
さらに脇を上がると、ちょっと派手な出世稲荷があり、赤い絵馬がとっても可愛らしかったです。

釈迦堂

出世稲荷1

出世稲荷2


☆大本堂の裏手を上がっていくと、剣の扁額の掛かった光明堂や、薬師如来のいる醫王殿、一番奥には大きな二重塔である平和大塔が並ぶように建っていました。
光明堂1

光明堂2

醫王殿

平和大塔


☆お詣りを済ませて御朱印を頂き総門前に戻ると、広い通りの両側にはうなぎ屋さんや漬物屋さん、土産物屋さんなどが軒を連ね、大勢の参拝客で賑わっていました。
門前町1

門前町2

門前町3


☆何と6カ所で御朱印をありがたく頂きました。
   釈迦堂                      大本堂                    
釈迦堂と大本堂の御朱印
   光明堂                      出世稲荷
光明堂と出世稲荷の御朱印
   平和大塔                     醫王殿
平和大塔と醫王殿の御朱印

    豆まき2    豆まき
まだ寒い日が続きます、風邪ひかないでね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

今年は、はるばる「秩父神社」で初詣!!

コース:「かんぽの宿 寄居」⇒「秩父神社」

今年は、はるばる「秩父神社」で初詣!!

「かんぽの宿 寄居」からの正月二日の日の出

今年は「かんぽの宿 寄居」で、美味しい料理や温泉三昧で正月三が日を楽しく過ごしました。
初詣は、林家たい平さんでおなじみの「秩父神社」でお詣りしてきました。


「明けましておめでとうございます。昨年は私たちのブログに訪問していただき、本当にありがとうございました。皆様にとって、今年も良い年でありますように!!」
      image6.gif   image15.gif

☆正月二日の朝7時少し前、なだらかな山並みから綺麗な日の出を拝むことができました。
寄居の山々も紅く朝焼けに染まり、今年も穏やかな良い年になりますように!!

「かんぽの宿 寄居」からの日の出

寄居の山に映る朝焼け


☆「かんぽの宿 寄居」のロビーには、金屏風に門松風の豪華な生け花が並び、食堂入り口には可愛らしい正月飾りが飾られ、新年を祝っていました。
「かんぽの宿 寄居」ロビーの正月飾り

「かんぽの宿 寄居」食堂入り口の正月飾り


☆一日の午後からは、金尾白髪神楽獅子の皆さんによる獅子舞とおかめ・ひょっとこ踊りが奉納され、正月気分をたっぷり楽しみました。最後に、お獅子に頭をがぶりとくわえてもらって幸運をいただきました。
獅子舞い1

獅子舞い2

獅子舞い3

ひょっとこ踊り

おかめ、ひょっとこ踊り


☆二日は秩父鉄道に乗って荒川を渡り、「秩父神社」に初詣に行きました。
秩父駅で鉄道娘「桜沢みなの」ちゃんが迎えてくれました。

かんぽの宿近くの荒川の瀞

荒川の流れ

秩父駅の鉄道娘「桜沢みなの」


☆秩父は林家たい平さんの故郷、今年の初詣は「秩父神社」です。
鳥居の入り口のずいぶん前からすでに、初詣の人たちが長い行列を作っていて、私たちも無病息災・家内安全をお詣りしてきました。

「秩父神社」初詣1

「秩父神社」初詣2

「秩父神社」初詣3


☆本殿は極彩色に彩られた多くの彫刻で覆われ、正面左には左甚五郎作と伝えられる、子育ての大切さを表現した「子宝・子育ての虎」がまず目に飛び込んできました。
左側面には、日光東照宮とは異なり、よく見て・よく聞いて・よく話す「お元気三猿」が元気たっぷり。
北側中央には、「北辰のフクロウ」がこちらを向いて祭神をお守りしていました。

子宝・子育ての虎

お元気三猿

北辰のフクロウ


☆令和二年初の御朱印をいただきました。
「秩父神社」の御朱印

   ししまい   はねつき
明けましておめでとう!!風邪、ひかないようにね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。
pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

今話題の建築家のテラス、静岡にもありました!!

 コース:「日本平夢テラス」

今話題の建築家のテラス、静岡にもありました!!

東名高速富士川SAからの富士山

年末の東名高速富士川サービスエリアから見る富士山は、裾野まで広がる雄大で素晴らしい眺めでした。
静岡市にある「日本平夢テラス」は、今をときめく建築家 隈 研吾氏が設計した建物で、360度の大パノラマ展望が楽しめました。
「この一年間、私たちのブログに訪問していただき、本当にありがとうございました。来年も身近な話題をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。」 「皆様方、良いお年をお迎えください。」

      image6.gif   image15.gif

☆標高300mほどの日本平山頂に建つ八角形の夢殿を思わせるような「日本平夢テラス」は、外部も内部も静岡県産の木材をふんだんに使っているとのことです。木の温かみがいいね!!
日本平夢テラスの外観

日本平夢テラスの内部1

日本平夢テラスの内部2


☆中央の木の階段を上ると、2階が景色も楽しめるラウンジスペースで、3階が展望フロアとなっていて、テレビ塔を一周する展望回廊へと続いています。
静岡市街と南アルプス、清水港と富士山、駿河湾と伊豆半島など、360度の眺望が楽しめました。

日本平夢テラス

テレビ塔と日本平夢テラス

日本平夢テラスからの静岡市街

日本平夢テラスからの富士山と清水港


☆テラスの近くには「赤い靴はいてた女の子母子像」があります。野口雨情の童謡「赤い靴」の女の子には、明治に今の清水に生まれたモデルがいたそうです。
アメリカ人宣教師夫妻が帰国するときには、預けられていた女の子は病に冒されていて、幼くして亡くなったそうです。後に、故郷の地 清水を見下ろす日本平山頂に母子像を建立したのだそうです。

赤い靴はいてた女の子母子像


☆鶴見川の土手近くから、初冬の夕方に日が沈む直前、雲一つない西の空一面にとても綺麗な夕焼けを見ました。
大山越しに見える富士山は鮮やかな赤富士となり、次第に暗みを帯びて静かに暮れていきました。
自然災害の多かった令和元年、来年は穏やかな良い年にしてください!!

初冬の鶴見川からの富士山の夕焼け1

初冬の鶴見川からの富士山の夕焼け2

      切り株とうさぎ
風邪をひかないように、新年を迎えよう!!

いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!