くみさとのほんわか日記

初めて山陰を観光で訪れました!!(最終)

コース:「竹田城跡」 ⇒ 「出石」 ⇒ 「天橋立」

    天空の城「竹田城跡」から「天橋立」クルージングへ!!

竹田城跡

あっというまの最終日。行ったことはないが、ここはマチュピチュ??と、なぜか錯覚する霧の降りる天空の城、日本100名城に選定されている「竹田城跡」へ。。ゆっくり歩きながら、壮大な山城の遺構に圧倒!!
お昼を済ませて、但馬の小京都「出石(いずし)」で風情ある城下町を散策後、天橋立をクルージングし、「文殊堂」にお詣りして、、知恵を授けてもらえたような・・・?!

                   image6.gif   image15.gif

☆「竹田城跡」は本丸天守台の標高が350m余り、北千畳から南千畳まで約400m、西に100m程広がり、三つの羽を持つブーメランのような縄張りをしていました。
入口からまず北千畳に入り、南千畳ははるか彼方に望めます。三の丸からは二の丸の奥に本丸の天守台が木々の間に見えました。

北千畳から南千畳を望む

三の丸からの本丸


☆石垣に沿って曲がりくねりながら本丸を回って南二の丸に出て、石垣はひときわ大きなパワーストーン?が。パワーをもらえますように!!竹田城の石垣は、姫路城と同じ大小の石をうまく積み上げた「穴太(あのう)積み」という技法だそうです。
南千畳から本丸と二の丸を眺め、「夏草や兵どもが夢のあと」、想いを馳せました。

南二の丸のパワーストーン

南千畳

南千畳からの本丸と二の丸


☆ここは但馬の小京都、出石城の城下町は、風情ある街並みでございます。正面に見えますのは、太鼓で時を告げる真っ黒な「辰鼓楼」でございます。(時々登場する美人ガイドさんのバスに乗りたいと、口コミで大勢の人が?!)
出石城

辰鼓楼

出石の街並み


☆街の東山裾にある「宗鏡寺(すきょうじ)」は、荒廃していた寺を沢庵和尚が再興したことから「沢庵寺」とも呼ばれ、出石城主代々の菩提寺となったそうです。
造り酒屋「出石酒蔵」さん。黄褐色の酒蔵の土塀は季節や時間、天候によって色が変化してとても風情があるとのこと。
清酒「楽々鶴(ささづる)」の原酒を買いました。嬉しそうな主人の妄想タイム。。きれいなお姉さんについでもらって冷やで一杯、つまみはなんでもいいよ!ウィ!!

宗鏡寺(沢庵寺)

出石酒造の酒蔵

出石酒造の清酒「楽々鶴」


☆戦国の時代から現代に一気に戻って、天橋立に沿ってクルージング。
一の宮桟橋から天橋立桟橋まで12分程度、左手に天橋立を、右手には阿蘇の舟屋が遠くに望めました。伊根の舟屋が有名ですが、阿蘇にも何軒か見られました。

一の宮桟橋からのクルージング

観光船からの天橋立

阿蘇の舟屋


☆桟橋を降りるとすぐに智恩寺の本堂「文殊堂」に着き、「三人寄れば文殊の知恵」、私たちも知恵を授けられるように?!お詣りをしました。めずらしい扇子形のおみくじを松の木に吊るしていました。
天橋立の松並木の小路を散策。阿蘇海と宮津湾の両方からの潮風が気持ちいい!

文殊堂

おみくじ

天橋立の松並木

   お月見
     不安定な天候が続きます、体調に気を付けて!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

初めて山陰を観光で訪れました!!(No.2)

コース:「出雲大社」 ⇒ 「鳥取砂丘」 ⇒ 湯村温泉「浅野家」

    「出雲大社」で昇殿参拝して、素足で砂丘の感触を!!

湯村温泉「浅野家」でのウェルカムドリンク

2日目は、去年60年ぶりに大遷宮した出雲大社に昇殿参拝。。それから鳥取砂丘へ。貸長靴か素足かの究極の選択で、さらっとした砂の感触を思う存分味わいたいと久しぶりに意見が一致して、素足を選択。。
夕方早い時間に湯村温泉に到着。1、2を誇るという老舗旅館「朝野家」でお抹茶のウェルカムドリンクをいただき、温泉街をゆったりと散歩に出かけました。

                   image6.gif   image15.gif

☆神楽殿に昇殿してお祓いを受け、神主の祝詞奏上を行う昇殿参拝をしました。出雲大社ではちょっとびっくり!!「二拝四拍手一拝」でお詣りするしきたりだそうです。
神楽殿のしめ縄は長さ13m、重さ5トンで、真下から見上げるとど迫力がありました。

神楽殿

神楽殿のしめ縄


☆銅鳥居越しの拝殿はお馴染みの景色。拝殿の後方にある八足門(やつあしもん)が一般参拝者のお詣り場所ですが、昇殿参拝をした私たちは八足門をくぐってさらに本殿に近い所から参拝できました。時間がゆっくり過ぎていくような気持ち。。
銅鳥居と拝殿

八足門

本殿


☆旧暦10月は「神無月」ですが、ここ出雲では「神在月」で、全国の神様が出雲大社に集合!縁結びの相談をすると伝えられています。その時に神様たちが泊まる宿泊所が東西の「十九社(じゅうくしゃ)」だそうです。
出雲大社と神楽殿で御朱印をいただいてきました。

東十九社

出雲大社の御朱印  出雲大社神楽殿の御朱印


☆お昼は「出雲蕎麦御膳」をいただき、鳥取砂丘へ向かいました。
さらっとした黄色の細かい砂の急こう配を裸足でゆっくり歩いて、それでもハーハーしてようやく「馬の背」に着きました。達成感!!「馬の背」から見下ろす日本海は静かな海でした。気持ちいい!!
この写真の人たち、はがすタイプの「こめど」のような??これだけ取れれば達成感!

馬の背に登る

馬の背の急こう配

馬の背から見下ろす日本海


☆湯村温泉街の中心部に「荒湯」があります。温度はな、何んと、98度、日本一熱~い温泉?!宿でいただいた卵を大切に持って、「荒湯」のかみの湯つぼで温泉卵を作っておいしくいただきました。すごくおいしい~!!
川岸には足湯もあり、石垣には著名人の手形がいっぱい!!

荒湯

かみの湯つぼ  温泉卵

手形


☆柳が揺れる春来川の周りに開けた湯村温泉街は、情緒ある湯けむりの里といった感じで、落ち着いた雰囲気がありました。
慈覚大師が開湯されたとのことで、湯時計も珍しいです。吉永小百合さん主演で有名になった小説「夢千代日記」の舞台としても知られていますネ!!

湯村温泉街

湯時計

夢千代館

  とんぼ
       秋の感触だね、このまま涼しくなるのかな~?!

いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

初めて山陰を観光で訪れました!!(No.1)

コース:「足立美術館」 ⇒ 「大山ロイヤルホテル」

         庭園の素晴らしい☆「足立美術館」へ!!

ホテルからの朝の大山

団体旅行で、初めて山陰を観光。初日は島根県安来市にある「足立美術館」へ。素晴らしい日本庭園や日本画の名画を鑑賞して、ゆっくり・ゆったりした時間を過ごしてきました。
この日は「おおやま」だと、ちょっと勘違いした大山(だいせん)の山麓にあるリゾートホテルに泊まり、何んとか「伯耆富士(ほうきふじ)」こと大山を眺めることができました

                   image6.gif   image15.gif

☆素晴らしい日本庭園のある美術館といえば・・・「足立美術館」。11年連続して「庭園日本一」に輝いたとのこと。
日本絵画では、横山大観の所蔵作品数が日本一(世界一)だそうです。上村松園の美人画や林義雄の童画など、名画も勢揃い。「なんでも鑑定団」に出てくるような絵が!

足立美術館入口


☆入口からほどなく、大きなガラス窓を通して苔庭や枯山水の庭が広がり、素晴らしさに圧倒です。苔庭は京風の趣があり、広大な枯山水の庭は中央の大きな石から雄大な広がりを見せ、まさに絶景でした。「素晴らしい!!」の一言で~す。
苔庭

枯山水庭


☆大きな池を配置した池庭は、優雅で落ち着いた雰囲気を漂わせていました。白砂青松の庭は横山大観の名画「白砂青松」をイメージした庭だそうです。調和のとれた美が感じられました。「いいね~え!!」
池庭

白砂青松庭


☆所々に、日本庭園の景色を館内の窓が額絵に仕立てられた、この美術館独特の工夫がありました。洋画風、日本画風、掛軸風など、まさに「生の額絵」、「生の掛軸」でした。額を通してみると雰囲気変りま~す!!
生の額絵1

生の額絵2  生の掛軸


☆今宵の宿は、大山の自然に囲まれた温泉付きリゾートホテル「大山ロイヤルホテル」です。標高1729mの「伯耆富士」こと大山の頂上はなかなか見られませんでしたが、翌朝一瞬だけ下の方に雲をたなびかせた大山の頂上が見えました(最初の写真)。超ラッキー!!
ホテルからの夕方の大山1

ホテルからの夕方の大山2

  とんぼ   このまま涼しくなるのかな~?!

いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!