fc2ブログ

くみさとのほんわか日記

「現美新幹線」で世界最速の芸術鑑賞してきました!!

コース:「現美新幹線」

 「現美新幹線」で世界最速の芸術鑑賞してきました!!

上野駅入線中の「現美新幹線」14号車

移動する現代アートの美術館をコンセプトにする「現美新幹線」にようやく乗ることができました。普段は越後湯沢駅と新潟駅間の運転ですが、今回は上野発新潟行き特別チャーター列車の旅でした。
全6両の車両ごとで異なる様々な現代アートが楽しめて、2時間弱の贅沢で素敵な思い出となりました。

 image6.gif   image15.gif

☆16号車の先頭部分はE3系のようで、ドアの左右のアルファベットと「現美」のデザインが誇らしげでした。
両側に窓があるのは最後尾車両の11号車だけで、車両の外部塗装は深くて暗い夜空の青色の雰囲気で、全6両すべてに、打ち上げられた長岡の花火の写真作品が塗装されていました。
15号車は真っ黒な夜空にピンクに咲いた花火、ど迫力でした!!

16号車先頭の外観

16号車外観のドア周りペイント

15号車外観1

15号車外観2


☆14号車は鮮やかなオレンジ色に、13号車は白く光る花火、凄いです!!
14号車外観

13号車外観1

13号車外観2


☆12号車は赤い炸裂が強烈で、11号車は空全体を覆うような白い閃光が迫ってきます。
乗車する前から圧倒されました。強烈な花火の印象をもらい、いざ車内へ。。

12号車外観1

12号車外観2

11号車外観


☆16号車の車内には、新潟の里山風景をモチーフにしたような映像作品が次々と流れていました。
15号車では、上下対称の色とりどりの物体が宙に浮かんで揺れているような作品で、動きに時間を忘れます。
14号車には、ヒマラヤの山頂へ向かう山岳写真が数多く展示されていました。

16号車の映像作品

15号車の立体アート1

15号車の立体アート2

14号車の写真作品


☆13号車はキッズスペースとカフェが設置されていました。キッズスペースの床と壁にはプラレールの線路をモチーフにした図形やオブジェがいっぱい、この作品は触れます。子供たちの遊び場です!!
13号車

13号車キッズスペース1

13号車キッズスペース2


☆ガラスの壁で仕切られたカフェの壁には何とも可愛らしい絵が並び、絵を眺めながら「ツバメコーヒー」を美味しく頂きました。
13号車カフェ1

13号車カフェの絵画作品1

13号車カフェの絵画作品2


☆12号車はステンレスの鏡の間です。広がっては流れていく車窓の風景を写しだしていました。
最後尾の11号車が普通の座席配置で、両側に窓があります。黄色い座席は「五穀豊穣」「祝祭」「光」をコンセプトイメージしたアートだそうです。

12号車

11号車1

11号車2

 菜の花 ミツバチ 菜の花
 もうじき本格的な春だね。 早く暖かくなって~!!        
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

木曽路の馬籠、妻籠で当時の宿場の面影を偲びながら散策!!

コース:「馬籠宿」⇒「妻籠宿」
     
 木曽路の馬籠、妻籠で当時の宿場の面影を偲びながら散策!!
               
中山道馬籠宿下側の入口

恵那峡の紅葉狩りの翌日は、中山道木曽路の二つの宿場、馬籠宿と妻籠宿を訪れ、当時の面影を偲びながらゆったりと贅沢な散策をしてきました。
小雨が降ったりやんだりする生憎の天気でしたが、大勢の人たちが思い思いに訪れていました。

 image6.gif   image15.gif

馬籠宿に入ると直ぐに、急傾斜地の街道が直角に二度折り曲がった「枡形」があり、城郭建築の枡形を模して外敵を防ぐ軍事的目的で造られたものとされています。角には大きな常夜灯も建っていました。
馬籠宿の枡形1

馬籠宿の枡形2

馬籠宿の枡形に建つ常夜灯


☆600mほどの馬籠宿は、街道が山の尾根に沿って急斜面を通っているので、その両側に石垣を築いて屋敷を建てた「坂のある宿場」が特徴だそうです。苦労したんですね。
当時の面影が伝わってくるような旅籠や、可愛らしい紅葉したモミジの飾り窓も素敵でした。

馬籠宿の町並み1

馬籠宿の町並み2

馬籠宿の但馬屋さん

馬籠宿の洒落た飾り窓


☆馬籠宿本陣跡は藤村記念館となっていますが、馬籠本陣・島崎家が建っていて、藤村の生家でもあるゆかりの場所のようです。
宿場のはずれに近い高台には高札場があり、幕府から庶民に対する禁制や法度などの掲示板だそうです。展望広場からは周りの山々の紅葉が見事でした。

馬籠宿本陣跡

馬籠宿の高札場

馬籠宿展望広場からの紅葉


妻籠宿はひなびた素朴的な町並みで、宿場町の映画のセットのような馬籠宿とは対照的に見えました。渋い町並みが素敵です。
妻籠宿の町並み1

妻籠宿の町並み2

妻籠宿の郷原酒店

妻籠宿のうだつ


☆妻籠宿にも枡形の跡が残されていて、言われてみればなるほどです。
妻籠宿本陣や脇本陣も綺麗に復元されていました。本陣は島崎藤村の母の生家で、脇本陣は藤村の初恋の相手の嫁ぎ先なんだそうです。話が上手くできている・・・。

妻籠宿の枡形跡1

妻籠宿の枡形跡2
  「妻籠宿本陣」
妻籠宿本陣
  「脇本陣」
脇本陣


☆窓辺を飾る背負いかごの中の野の花や木の実など、お洒落な窓格子がとっても印象的でした。
窓辺のお洒落な飾り1

窓辺のお洒落な飾り2  窓辺のお洒落な飾り3


☆枡形跡の近くの高台には石垣を築き白壁をめぐらせた光徳寺があり、宿場の町並みが見下ろせました。
玄関の天井には、何と、日本最初の人力車が展示されていました。今から約150年前(天保時代)の住職の自家用車だったそうです。これまた驚き!! 参拝記念に御朱印を頂きました。

石垣と白壁の光徳寺

光徳寺に展示された日本最初の人力車

光徳寺の御朱印

 もみじ1  もみじ2
 晩秋の風に寒さが、風邪ひかないようにね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

錦秋の恵那峡に遊覧船めぐりで大感激!!

コース:「恵那峡」
     
 錦秋の恵那峡に遊覧船めぐりで大感激!!
               
紅葉の恵那峡に架かる虹

初めて恵那峡を訪れて、素晴らしい錦秋の恵那峡を遊覧船でめぐり、峡谷一面に広がる紅葉や奇岩の大パノラマを間近に眺め、素敵な景観に大・大感激でした。
一泊した「かんぽの宿 恵那」からの恵那峡も素晴らしく、虹の架かった恵那峡は特別素敵で印象的でした。

 image6.gif   image15.gif

☆さざなみ公園脇の乗り場から、天井まで大きく窓の開いたジェット船に乗り、恵那峡めぐりの始まりです。
木曽川の流れを大井ダムによってせき止め、日本初のダム式発電所が建設され、同時に素晴らしい恵那峡の景観も生まれたそうです。
間もなく赤いアーチ型の美しい恵那峡大橋をくぐり、紅葉と奇岩の大パノラマの景色が目の前に展開です。

ジェット船で恵那峡遊覧に出発

遊覧船乗り場からの大井ダム

恵那峡大橋

恵那峡大橋をくぐる


☆左右の岩肌はとても鮮やかな黄色に染まり、水面にも映って、素晴らしい景色が飛び込んできました。
黄葉1

黄葉2

黄葉3


☆赤い紅葉も交えて、赤、黄、緑のコントラストがことのほか綺麗で、大感激!!素晴らしい光景です。
黄と赤の紅葉1

黄と赤の紅葉2

黄と赤の紅葉3

紅葉


☆恵那峡の両サイドは奇岩でもよく知られているそうで、金床岩、獅子岩、屏風岩、品の字岩などの奇岩の大パノラマが、鮮やかに染まった紅葉の中に次々に展開してきました。恵那峡の醍醐味に興奮、大感激!!
   「金床岩」
金床岩
   「獅子岩」
獅子岩
   「屏風岩」
屏風岩
   「品の字岩」
品の字岩


☆30分ほどの遊覧を終え、遊覧船乗り場脇にあるさざなみ公園を散策して、陸から紅葉の眺めを楽しみました。ゆったりとした景色の展開も素晴らしかったです。
さざなみ公園の紅葉1

さざなみ公園の紅葉2

さざなみ公園の紅葉3


☆モミジやニシキギの真っ赤な紅葉、赤と黄色に染まるグラデーションのツタ、カエデの黄色など、どれも素晴らしくて時間の経つのを忘れていました。
モミジの紅葉

ニシキギの紅葉

ツタの紅葉

黄葉

もみじ1 もみじ2
 晩秋の風に寒さが、風邪ひかないようにね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

上高地の散策(その2):ネイチャーガイドさんと河童橋から明神池へ!!

コース:「河童橋」⇒「明神橋・明神池」⇒「上高地帝国ホテル」

ネイチャーガイドさんと河童橋から明神池へ!!

上高地河童橋付近から望む穂高連峰

2日目も絶好の好天に恵まれ、穂高連峰の頂を一日中綺麗に見渡すことができ、とても・とてもラッキー。
この日は河童橋から出発して、明神橋を渡って明神池まで、ネイチャーガイドさんに上高地の自然や植物を紹介していただきながら、ゆっくりと楽しい散策。。
2日目の宿は、一度泊ってみたかった念願の「上高地帝国ホテル」、本当に素晴らしいホテルでした。

      image6.gif   image15.gif

☆河童橋と焼岳、河童橋と穂高連峰、いずれも上高地のメッカからの風景を独り占めの感じでした。
奥穂高岳や西穂高岳を綺麗に望めました。絵葉書状態!!幸せ~!!

河童橋と焼岳

河童橋と穂高連峰
(奥穂高岳)
奥穂高岳
(西穂高岳)
西穂高岳


☆ネイチャーガイドさんとの出発は、河童橋から直ぐの清水川からです。雨が降っても濁ることがないといわれる清水川、五千尺ホテルの飲料水にも使われているそうです。
限りなく澄んだ水はとっても冷たく、バイカモも水の流れに気持ちよさそうに揺れていました。
少し歩くと小梨平のキャンプ場に到着。明るく開けた梓川畔から、これから進む明神岳の麓や背後の穂高連峰が間近に迫ってくる感じでした。

清水川

清水川のバイカモ

小梨平キャンプ場付近からの明神岳と穂高連峰

小梨平キャンプ場付近からの穂高連峰


☆だいぶ歩いて明神館前までやってきました。ここには「穂高奥宮」参道の大きな標識が立っていました。正面のいくつかの峰を合わせて明神岳と呼ぶそうです。
参道を程なく進むと明神橋に出ました。河童橋よりも山の中の吊り橋という雰囲気が強く、いよいよ山の中へと入ってきた感じでした。

明神館前の「穂高奥宮」参道の道標

明神橋と明神岳

明神橋


☆明神橋を渡ると直ぐに「穂高神社奥宮」に到着。旅の安全と健康をお詣りして、有料の明神池の畔に進みました。一之池と二之池が隣り合わせに並び、どこか神秘的な雰囲気が感じられる池でした。
奥宮の参拝記念に御朱印を頂きました。

(明神一之池)
明神一之池
(明神二之池)
明神二之池

「穂高神社奥宮」の御朱印


☆ネイチャーガイドさんにいろいろ説明していただいた植物、その時はわかったはずなのに、うろ覚えや忘れてしまったり、違っていたらごめんなさい。可憐な花がいっぱい見られました。
(ケショウヤナギ)
ケショウヤナギのタネ
(キバナノヤマオダマキ)
キバナノヤマオダマキ
(カラマツソウ)
カラマツソウ
(ウツボグサ)
ウツボグサ


☆その他にもいっぱい可愛らしい花や実を見ることができました。
葉がこいのぼりの先端にある矢車に似ていることから、ヤグルマソウという花も咲いていました。

ニシキウツギ  シロバナグンナイフウロ

ショウキラン  サンカヨウの実
(ヤグルマソウ)
ヤグルマソウ


☆2日目の宿は憧れの「上高地帝国ホテル」、佇まいも食事もとっても素晴らしいホテルでした。
穂高連峰とのコラボも超素敵でしたし、シンボルのロビーラウンジの大きなマントルピースも迫力がありました。
3日目は生憎の小雨の降る一日、ゆっくりしてお土産を買って帰路につきました。

上高地帝国ホテルと穂高連峰

上高地帝国ホテルの客室バルコニーと明神岳

上高地帝国ホテルロビーラウンジのマントルピース

   金魚
毎日大変な猛暑日、体調に気をつけようね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

上高地の散策(その1):大正池から河童橋畔の「五千尺ホテル」へ

コース:「大正池」⇒「河童橋」⇒「五千尺ホテル」

大正池から河童橋畔の「五千尺ホテル」へ!!

上高地大正池から望む穂高連峰

西日本豪雨の被害、一日も早く復旧することを願っています。
7月頭、、前日まで雨で天気の悪かった上高地は久々の好天気に恵まれ、2日間ゆったりと散策するツアーに参加して、存分に楽しく過ごしてきました。
初日は大正池から河童橋まで、梓川沿いや湿原の中の遊歩道を自由に散策して、素晴らしい景色を眺めてきました。

     image6.gif  image15.gif

☆バスから降りて脇道を進むと直ぐに、何ともいえないほど青く澄んだ梓川の大正池が目の前に広がり、10年ほど前に訪れた記憶を呼び起こしてくれました。とてもキレイ!!
大正池の入口

大正池1

大正池2


☆大正池の下流には焼岳が、上流には穂高連峰の山々が望め、この素晴らしい景色に「上高地に来たんだ」という感慨の思いがこみ上げてきました。来てよかった!!
大正池からの焼岳1

大正池からの焼岳2

大正池からの穂高連峰1

大正池からの穂高連峰2


☆大正池から明るい新緑の林の中の遊歩道を散策して、田代湿原や田代池に着きました。
静かな湿原は開放感にあふれ、空気も違っていました。何と贅沢な一時を!!

自然遊歩道

田代湿原

田代池


☆途中の遊歩道ではちょっと怖かったけどニホンザルにも出会いましたし、河原にはキセキレイも飛び交っていました。
もうアカトンボも飛び、鮮やかな黄色のニッコウキスゲも群生して見られました。

ニホンザル

キセキレイ  アカトンボ

ニッコウキスゲ


☆田代橋から上流方向に「上高地温泉ホテル」などが見え始め、まもなく岩肌に「ウェストンレリーフ」が現れました。今の上高地の発展はウェストンや嘉門次さんたちのお陰ですね。
程なく歩くと河童橋に到着です。平日のためか訪れている人は少なくて、静かな河童橋付近の景色を堪能しました。

田代橋からの上流のホテル

ウェストンレリーフ

河童橋


☆今宵の宿は河童橋畔に建つ「五千尺ホテル」。どっしりとしたロッジスタイルの外観をしたホテルで、一歩中へ入ると高級ホテルそのものでした。
素敵な客室からの河童橋付近の風景を独り占めしているかのようで、食事もとても美味しくて本当に贅沢な一泊でした。

五千尺ホテル1

五千尺ホテル2

五千尺ホテルからの河童橋と焼岳

   金魚
 毎日大変な猛暑日、体調に気をつけようね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!