fc2ブログ

くみさとのほんわか日記

綺麗な紅葉の真っただ中を大山詣で!!

コース:「大山寺」⇒「大山阿夫利神社下社」

綺麗な紅葉の真っただ中を大山詣で!!

大山寺への参道のモミジ

11月中旬、晩秋の気持ちのいい日に、紅葉の綺麗な大山詣でに行ってきました。
ケーブルカーで「大山寺」と「大山阿夫利神社」を参拝し、綺麗に紅葉したモミジを楽しんできました。

      image6.gif   image15.gif

☆参道のお店を覗いたり、表示の駒の数を数えたりしながら、何とか「こま参道」を上り切り、「大山ケーブルカー」で中間地点にある「大山寺」へ向かいました。
ケーブルカーを降りると直ぐに、真っ赤に紅葉したモミジが出迎えてくれました。

こま参道

大山ケーブルカー1

大山ケーブルカー2


☆趣のある急な石段の両脇には、見事なモミジの紅葉がトンネルを造っていて、足下を見たり上の紅葉を眺めたりして、ゆっくりと上りました。
直ぐ目の前に本殿が迫り、本殿の周りや境内の紅葉も見頃でした。

大山寺1

大山寺2

大山寺3

大山寺4


☆再びケーブルカーで終点の阿夫利神社駅に着き、「大山阿夫利神社下社」へ向かう途中の大きなモミジのグラデーションが鮮やかで見事でした。
阿夫利神社への道のモミジ1

阿夫利神社への道のモミジ2


☆参道の最後の石段を上ると、黒い鳥居の奥に下社の本殿が現れました。平日にもかかわらず、広い境内は大勢のお詣りする人たちで賑わっていました。
境内からは、紅葉越しに伊勢原の街や相模湾が見渡せて絶景でした。

阿夫利神社1

阿夫利神社2

阿夫利神社3


☆石段横の真っ赤な紅葉に晩秋の光が当たり、とても綺麗でした。
参道石段脇のモミジ1

参道石段脇のモミジ2

 もみじ1   もみじ2
晩秋の風が冷たくなったね、風邪ひかないようにね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

「日向薬師」は山奥に佇む茅葺きの荘厳なお寺でした!!

コース:「日向薬師」

「日向薬師」は山奥に佇む茅葺きの荘厳なお寺でした!!

日向薬師本堂中央の龍の彫刻

晩秋の気持ちのいい日が続き、初めて「日向薬師」に出かけてみました。
参道は山登り道や石段が多くてちょっときつかったのですが、境内も広く、本堂は山奥に佇む茅葺きの荘厳なお寺で驚きました。

      image6.gif   image15.gif

☆小田急伊勢原駅からバスで日向薬師終点に着きました。
両脇の石の柱と2つの石塚から始まる参道が、山の中へとずっと続いていました。

日向薬師参道入口

日向薬師参道入口の塚


☆坂道や石段をしばらく進むと、歴史を感じさせる仁王門が見えてきました。
阿形、吽形の金剛力士像は超迫力満点で、ここから聖域であることを強く感じさせてくれました。

仁王門

金剛力士像、阿形

金剛力士像、吽形


☆さらに森の中の山道を登って行くと、ちょっと長い石段が見え、登り切ると広い境内の正面に「日向薬師」の本堂が現れました。
本堂へ続く参道

本堂への石段

日向薬師本堂1


☆漆塗りに茅葺きの大きな「日向薬師」は、鎌倉時代に行基によって開創されたと伝えられる、日本三薬師の一つだそうです。荘厳な雰囲気のある立派なお寺でした。
かつて日向山霊山寺(りょうぜんじ)といわれたそうで、扁額に名前が残っていました。

日向薬師本堂2

日向薬師本堂3

霊山寺の扁額


☆境内の脇には、鐘堂と樹齢800年といわれる二本杉(幡かけ杉)が存在感を示していました。
鐘堂の四隅は各3本の柱から成り、合計12本の柱はとても珍しいそうです。

二本杉

二本杉と鐘堂

鐘堂

 もみじ1   もみじ2
晩秋の風が冷たくなったね、風邪ひかないようにね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

一年ぶりの「大山詣り」はとても清々しかった!!

コース:「大山寺」⇒「阿夫利神社下社」

 一年ぶりの「大山詣り」はとても清々しかった!!

大山ケーブル大山寺駅での交差

横浜から見える大山は、標高が1252mの三角形の美しい山容を誇り、その肩の上に富士山が望めます。一年ぶりに大山ケーブルカーに乗って、中腹にある「大山寺」と「阿夫利神社下社」を訪れました。
霊山として古くから信仰されてきた大山を清々しい気持ちでお詣りしてきました。

 image6.gif   image15.gif

☆大山への参道は石段と踊り場がたくさん続く坂道で、こまの数で踊り場の数を示すことから「こま参道」といわれています。坂道の両側には多くの土産物屋や豆腐料理屋が並んでいて人気があります。
こま参道入口

こま参道の土産物屋

こま参道のこま表示


☆大山ケーブルカーは山麓駅から阿夫利神社駅までの急勾配を6分ほどでつないでいます。中間点が大山寺駅で、ここで下車です。
鮮やかな緑色の車体は大きな窓ガラスとすっきりしたデザインで明るく、グッドデザイン賞を受賞しているそうです。

大山ケーブル山麓駅

大山ケーブル車内

大山ケーブル大山寺駅


☆大山寺駅を降りて直ぐの高台に大山寺の「十一面観音」が立ち、「幸福のベル」が若い女性たちに人気があるそうです。
本堂前の急勾配の石段がとてもきつく、両側の地蔵さんたちに見守られながらようやく本堂に到着です。

十一面観音  幸福のベル

大山寺の石段

石段脇の地蔵さんたち


☆歴史を感じる本堂にはたくさんの彫刻が見られ、どれもすごい迫力があって迫ってきます。
本堂横には谷に面してかわらけ投げの場所があり、谷底の輪っかに入るようにかわらけを2つ投げるのですが、なかなか上手くいきません。でも、投げることで厄除けになるそうで安心しました。

大山寺本堂の彫刻1

大山寺本堂の彫刻2

かわらけ投げ


☆再びケーブルカーで大山寺駅から阿夫利神社駅に乗り、広い境内の「阿夫利神社下社」に到着です。
下社の地下?に入ると、大山名水「神泉」が湧き出しています。ペットボトルで持ち帰ることもできるし、その場で一杯頂きました。まろやかな美味しい水でした。長寿になるそうです!!
下社の左奥には「阿夫利神社本社」のある大山頂上への入口がありました。急な石段から・・・。

阿夫利神社下社

大山名水「神泉」1

大山名水「神泉」2

頂上登山口


☆境内脇には日本三大獅子山の「大山獅子」が見守ってくれていて、上り口近くには日本遺産「大山詣り」の像が厳しく立っていました。
境内からは相模湾や江ノ島、三浦半島、さらにはややぼうっと房総半島まで見ることができました。

大山獅子

日本遺産「大山詣り」の像

阿夫利神社下社からの眺め1

阿夫利神社下社からの眺め2


☆「大山寺」と「阿夫利神社下社」の御朱印を頂きました。ありがとうございました。
御朱印

  ひな祭り
  もうじきひな祭りだね。もうすぐ暖かくなるね!!       
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

念願の鶴巻温泉 「元湯陣屋」に泊まる!!

コース:「元湯陣屋」

念願だった鶴巻温泉♨ 「元湯陣屋」に泊まって幸せ気分に!!

鶴巻温泉 「元湯陣屋」の源氏館と雅の間

将棋や囲碁のタイトル戦の舞台として知られている鶴巻温泉の「元湯陣屋」。。美味しい料理とカルシウム含量の多い美肌効果満点の♨温泉にどっぷりとつかり、、見る見るうちにお肌つるつる、、疲れもドンドン流して・・モリモリ・・リフレッシュ!!してきました。
森の中の庭園に囲まれた落ち着いた客室で、のんびりと素晴らしいひと時を過ごし、、満足・満足!!でした。

                 image6.gif   image15.gif

☆鶴巻温泉駅から5分位で広~い森のような景色が目の前に開け、ここが「元湯陣屋」の入口です。
ドン・ドンと陣太鼓を鳴らして頂いて、石段や玉砂利の通路を案内されながら、ようやく玄関です。とても懐かしくもあり、ほっとする玄関の佇まいでした。

陣太鼓のある陣屋の入口

玄関へのアプローチ1

玄関へのアプローチ2

陣屋の玄関


☆客室は源氏物語の登場人物名がつけられていて、案内された「夕顔」はとても落ち着いた和室二間で、将棋の大山康晴名人の書が掛けられていました。
陣屋の「松風の間」で将棋や囲碁のタイトル戦が今までに何んと300以上も行われたそうで、廊下には数々の名勝負のパネルなどが展示されていました。藤井聡太五段もここでやるのかな?

客室

客室に掛けられた大山康晴名人の書


☆客室の露天風呂は総檜造りで、世界有数のカルシウムを含む天然温泉、美人の湯だそうです。我が家の風呂の何倍もの大きさの露天風呂に満々の温泉。ザブ~ンと流れるのを楽しみながら、、極楽・・と言いながら、、美肌になるよう願いながら・・の入浴。幸せ~です。。
昼間の庭の景色や夜のライトアップされた庭を眺めながらの露天風呂は最高でした。

客室の総檜露天風呂

部屋からの昼間の庭の景色

部屋からの夜の庭の景色


☆玄関通路の脇にある飲泉は、神奈川県第一号の飲泉許可を取ったそうです。源泉口で優しい温泉をいただき、胃腸に良いとのことで、なんだか消化が良くなったみたい。
庭園の広さは一万坪ともいわれ、客室や食事処「賑わい亭」、結婚式や宴会場となる「源氏館」などに面して池が配置され、緑に囲まれた静かで趣のある景色でした。

玄関への通路脇にある飲泉の源泉口

池を中心とした日本庭園

結婚式などが行われる源氏館と雅の間


☆幼少時代に陣屋で過ごしていたことがあるという宮崎駿監督の可愛らしい色紙が食事処の入口に飾られていました。
陣屋の入口から少し入ったところに、「トトロの木」と呼ばれる大きなクスノキが高く広がり、ちょっぴり映画に入り込んだような気分が味わえました。

宮崎駿監督の色紙

陣屋のクスノキ「トトロの木」1  陣屋のクスノキ「トトロの木」2

   豆まき2    豆まき
まだかなり寒い日が続きます!! 風邪ひかないでね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

ケーブルカーで大山寺と大山阿夫利神社へ!!

コース:「大山寺」⇒「大山阿夫利神社」

      ケーブルカーで大山寺と大山阿夫利神社へ!!

大山寺への急な石段を上から眺める

横浜から西の方角にある丹沢の山々の一番左に見える三角形の山、大山にケーブルカーで登り、大山寺と大山阿夫利神社下社にお詣りしてきました。
平日で真冬の寒い時期なので訪れる人もまばらでしたが、心地よい足の運動の後は美味しい豆腐料理をいただいて帰ってきました。

                 image6.gif   image15.gif

☆小田急伊勢原駅からのバスを降りて、大山ケーブル駅までは「こま参道」の長~い石段が続き、いきなりバテ気味でした。
所々に登ってきた石段数を表すこまの表示や大山にまつわるクイズがあったり、参道のお土産屋さんも目を楽しませてくれて、ようやくケーブルの駅に到着です。

こま参道

石段数を表すこま表示

大山こまの製造現場


☆鮮やかな緑のケーブルカーはスマートで、グッドデザイン賞に輝いたそうです。中間地点の大山寺駅で上り下りのケーブルカーが同時到着し、ここで降りて大山寺へ向かいました。
大山ケーブル駅

大山寺駅の2両のケーブルカー


☆大山寺への急な石段が最後に待っていました。何とか登り切って本堂にお詣りしました。大山寺は関東三大不動の一つで、通称「大山のお不動さん」として親しまれているそうです。
脇の谷に向かって素焼きの小皿を投げて、「かわらけ投げで厄落とし」してきました。

大山寺への急な石段

大山寺

かわらけ投げ1  かわらけ投げ2


☆再びケーブルカーに乗って終点の阿夫利神社駅に到着です。阿夫利神社下社の境内はとても広く、古くから雨降り信仰の神社だそうです。
参拝を済ませてから、下社の社殿地下にある竜神様の口から湧き出ている御神水の「大山名水」をいただいてきました。
下社の境内から江の島や三浦半島が霞の中をぼんやりと望めました。

阿夫利神社

大山名水

阿夫利神社からの景色

江の島や三浦半島がぼんやり


☆大山寺と大山阿夫利神社下社で、参拝記念に御朱印をいただきました。
大山寺と阿夫利神社の御朱印

     雪合戦
まだかなり寒い日が続きます!! 風邪ひかないでね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!