fc2ブログ

くみさとのほんわか日記

御岳渓谷の間近に見る眺めが素晴らしい!!

コース:「御岳渓谷」

御岳渓谷の間近に見る眺めが素晴らしい!!

御岳渓谷の楓橋

青梅駅から沢井駅に移動して、以前訪れた澤乃井園の前から御岳渓谷の遊歩道へ降りて、多摩川沿いを上流に御嶽駅まで歩きました。
素晴らしい渓谷美を間近に見ながら、周りの冬景色をゆっくりと眺め、楽しい一時を過ごしました。

       image6.gif   image15.gif

☆澤乃井園の前に架かる楓橋の脇から御岳渓谷の遊歩道へ降りて出発です。
葉を落とした木々の間に見える楓橋の吊り橋が渓谷に映え、荒々しい川面にはカヌーが下ってきました。ここはカヌーのメッカだそうで、景色に溶け込んで素晴らしい眺めでした。

澤乃井園

楓橋

カヌー


☆遊歩道の先に、遠くから鮮やかな黄色が目に入り、何ともうロウバイが満開でした。
梢では数匹のエナガが戯れ、水面近くにはキセキレイが餌を探しているようでした。

ロウバイ1

ロウバイ2

エナガ

キセキレイ


☆程なく歩いて行くと鉄の歩道橋が見えてきました。鵜の瀬橋と言うそうで、このあたりの渓谷美も素敵でした。
近くには「お山の杉の子記念碑」がひっそりと建っていました。この歌を知る人は少ないかも?

鵜の瀬橋

鵜の瀬橋から下流

鵜の瀬橋から上流

お山の杉の子記念碑


☆この先、多摩川の上流にかけて素晴らしい渓谷が続きます。水面とほぼ同じ高さでゆっくりと変わって行く景色がとても素敵です。
渓谷美1

渓谷美2

渓谷美3


☆岩場の流れの綺麗なところで河原に降りて水際まで行き、澄んだ水を触ったり、激流を間近に眺めたり、迫力ある一時でした。
河原の水際1

河原の水際2

河原の水際3


☆アーチ型のコンクリートの大きな橋が御岳橋です。橋の上から、歩いて来た渓谷美の下流や上流の奥多摩の景色を眺め、素敵な遊歩道からの眺めを楽しみました。
御岳橋

御岳橋から下流

御岳橋から上流

  冬 雪だるま
寒さが厳しいね、風邪ひかないように!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

「小澤酒造」の工場見学と御岳渓谷の気持ち良い散策!!

コース:「小澤酒造」⇒「御岳渓谷」

「小澤酒造」の工場見学と御岳渓谷の気持良い散策!!

小澤酒造の工場外観

ほぼ2年ぶりに「澤乃井」ブランドで知られる「小澤酒造」の醸造工場を見学しました。
今年の新酒が出来上がったばかりの見学で、「澤乃井園」での新酒のきき酒も美味しく頂きました。
紅葉が始まりだした御岳渓谷を散策して、気持ち良い一時を過ごしました。

       image6.gif   image15.gif

☆青梅線の沢井駅を下りて直ぐの「小澤酒造」が工場見学を再開したとのことで、季節も良くなったので久々に訪れてみました。
新酒の販売が始まったそうで、新しい大きな杉玉が軒下に飾られていました。

小澤酒造1

小澤酒造2

小澤酒造3


☆創業は江戸元禄の赤穂浪士討ち入りの年だそうで、長い歴史があるのですね。
沢山の大きな醸造タンクが並ぶ中、木の樽も現役でした。もろみを搾る装置もフル稼働の様子でした。
古い大吟醸酒の古酒「蔵守」が整然と貯蔵されていました。

工場内部1

工場内部2

工場内部3

工場内部4


☆この工場では2つの湧き水を仕込み水としていて、ひとつが工場裏山に横に掘られた「蔵の井戸」で、秩父古生層の厚い岩盤から湧き出した水を江戸時代から利用しているそうです。
工場内部5

工場内部6


☆工場見学を終えて「澤乃井園」のきき酒処で大吟醸「蔵守」と今年の新酒を美味しく頂きました。
園内では前を流れる多摩川の御岳渓谷を眺めながら、大自然の中で飲食ができます。

澤乃井園1

澤乃井園2

澤乃井園3


☆「澤乃井園」の目の前にある吊り橋「楓橋」からの渓谷美が素晴らしいです。
楓橋1

楓橋2

楓橋3


☆御岳渓谷沿いは紅葉が始まりだした感じで、遊歩道を散策して気持ちの良い一時を過ごしてきました。
御岳渓谷1

御岳渓谷2

御岳渓谷3

御岳渓谷4

     きのこ
本格的な秋になったね、気持ちがいいね!!
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

「青梅鉄道公園」で歴代の蒸気機関車に感激!!

コース:「青梅鉄道公園」

「青梅鉄道公園」で歴代の蒸気機関車に感激!!

D51形蒸気機関車の運転室の車号プレート

JR青梅駅からなだらかな山に向かって15分ほど歩くと、「青梅鉄道公園」に着きます。
7両の蒸気機関車が屋外に保存展示されていて、運転室にも乗車でき、歴史の流れもわかります。
記念館は閉鎖中でしたが、0系新幹線が展示されていて、とても懐かしかったです。

      image6.gif   image15.gif

☆記念館の屋上から屋外展示されている車両を眺め、次第に興奮が高まってきました。
「青梅鉄道公園」記念館屋上からの機関車1

「青梅鉄道公園」記念館屋上からの機関車2


☆2120形蒸気機関車(車号2221)は、明治後期にイギリスから輸入された3つの動輪を持つ力の強い機関車で、「B 6」の名で呼ばれていたそうです。運転室のレバーやメーターも少ない感じです。
5500形蒸気機関車も明治後期にイギリスから輸入された機関車で、動輪は2つで、旅客用として活躍したそうです。

2120形蒸気機関車

2120形蒸気機関車の運転室

5500形蒸気機関車


☆8620形蒸気機関車と9600形蒸気機関車は、共に大正初期に国産技術で製造された機関車で、700両前後が製造されて長く活躍したそうです。運転室周りもより複雑になっているようです。日本の国産技術はすごいですね!!
8620形蒸気機関車

8620形蒸気機関車の運転室

9600形蒸気機関車


☆C11形蒸気機関車は昭和初期に造られ、今でも観光蒸気機関車として活躍していますね。
D51形蒸気機関車は国鉄を代表する貨物用機関車で、国産最多の1100両余りが製造されて全国で活躍し、「デゴイチ」でおなじみですね。外観も運転室周りも機能美にあふれています!!
E10形蒸気機関車は戦後に国鉄が最後に製造した5つの動輪を持つ急勾配用で、まもなく電化されていく運命の機関車でした。

C11形蒸気機関車

D51形蒸気機関車

D51の動輪

D51の運転室

E10形蒸気機関車


☆ED16形電気機関車は昭和初期の国産電気機関車で、国の重要文化財だそうです。
クモハ40形電車も昭和初期から東京・大阪の通勤用として製造されたそうです。
昭和39年に開業した東海道新幹線用に製造された0系新幹線は、時速210キロの営業運転で当時世界初でしたね。「だんごばな」が懐かしい!!

ED16形電気機関車

クモハ40形電車

0系22形新幹線電車

    かかし
  実りの秋だね、新米がおいしい季節だね!!
 いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

御岳渓谷の秋は素晴らしい景色でヒガンバナも素敵!!

コース:「御岳渓谷」

御岳渓谷の秋は素晴らしい景色でヒガンバナも素敵!!

「かんぽの宿 青梅」からの多摩川

9月末に「かんぽの宿 青梅」に泊まり、直ぐ下を流れる多摩川の景色が素晴らしくて、御岳渓谷まで足を伸ばして渓谷沿いの遊歩道をゆっくりと散策してきました。
ヒガンバナが咲く中、清い流れの渓谷が秋本番を感じさせてくれました。

      image6.gif   image15.gif

☆JR青梅線の沢井駅を下りると直ぐに、清酒澤乃井で知られる小澤酒造のタンクがたくさん見えてきます。老舗の造り酒屋さん、醸造元の建物の雰囲気も素敵でしたが、現在は見学ができないとのことでした。残念!!
小澤酒造1

小澤酒造2


☆青梅街道を渡って多摩川沿いに、清流ガーデンの「澤乃井園」があります。
オープンテラスで多摩川の清流や楓橋を眺めながら、ゆっくりとお酒や軽食を頂いてきました。素晴らしい景色が心を和ませてくれます。美味しい!!

澤乃井園1

澤乃井園2

澤乃井園からの楓橋

楓橋


☆園内にはシュウメイギクやミズヒキが咲く中、なぜかまだアジサイが見られました。
シュウメイギク

ミズヒキ

アジサイ


☆楓橋から鵜の瀬橋までの御岳渓谷沿いの遊歩道をゆっくりと散策してきました。
渓谷美の中を勇ましく流れる清らかな水、周りの景色も素晴らしく、水を触ってみたい!!

御岳渓谷1

御岳渓谷2

御岳渓谷3

御岳渓谷4


☆この季節、遊歩道の脇にはヒガンバナが見頃で、渓谷とのコラボはとても素敵でした。
リフティング、とっても気持ちよさそう!! 思わず手を振ってしまいました。

渓谷とヒガンバナ1

渓谷とヒガンバナ2

渓谷とヒガンバナ3

渓谷とヒガンバナ4

   かかし
  実りの秋だね、新米がおいしい季節だね!!
 いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!

青梅で美味しいお酒「澤乃井」の酒蔵見学を満喫!!

 コース:「小澤酒造」

 青梅で美味しいお酒「澤乃井」の酒蔵見学を満喫!!

多摩川に架かる吊り橋の楓橋

JR青梅線の沢井駅を降りて下って青梅街道に出ると、美味しいお酒「澤乃井」の「小澤酒造」のタンクが見えてきました。
街道下にある澤乃井園で多摩川の清流を眺めながら軽食を頂いた後、初めての日本酒の酒蔵見学をしてから、きき酒をして美味しいお酒を買ってきました。

      image6.gif   image15.gif

☆沢井駅のホームを降りて高架橋を渡ると、駅舎が無くて直ぐに駅の外に出てしまいました。
駅から急な坂道を青梅街道まで下ると、酒蔵見学をする「小澤酒造」のタンクが見えてきました。

JR青梅線沢井駅ホーム

JR青梅線沢井駅入口

「小澤酒造」の外部タンク


☆「小澤酒造」が経営する澤乃井園は、青梅街道下側の多摩川に面した自然庭園の中にある軽食事処や土産物店で、たくさんの人たちが訪れていました。
多摩川に架かる吊り橋「楓橋」や多摩川の流れを眺めながら、軽食を頂きました。

澤乃井園

澤乃井園からの楓橋

澤ノ井園からの多摩川の景色


☆澤乃井園から青梅街道をトンネルでくぐって山側に出ると、「小澤酒造」の入口になります。
正面まっすぐに進むと酒蔵見学の入口で、軒には大きな杉玉が飾られ、大きなこも樽も積まれていました。

「小澤酒造」への入口

酒蔵見学入口

入口の杉玉

酒蔵前に積まれたこも樽


☆酒蔵の最初の部屋には酒造の神様が祀られ、隅には昔の瓶の洗浄装置が陳列されていました。
ここで、日本酒ができるまでの工程や吟醸酒などの精米具合など、日本酒の知識を学んだ後、見学です。

説明会場の神棚

説明会場に展示されている昔の洗瓶機


☆創業は江戸時代元禄15年(1702年)だそうで、いくつかの蔵がつながって、一定の温湿度に保たれた薄暗い蔵の中に、大きな醸造タンクがいくつも並んでいました。もろみを搾る装置は残念ながらお休みでした。
瓶詰めされた2001年の純米大吟醸「熟成蔵守」がたくさん並んでいて、とても美味しそう!!
最後に、酒の仕込みに使う湧き水の井戸を見て、説明会場に戻って純米生酒「さわ音」の試飲、美味しく頂きました。

蔵内のタンク1

蔵内のタンク2

もろみを搾る装置

純米大吟醸の「熟成蔵守」

蔵の湧き水の井戸


☆澤乃井園のきき酒処でいくつかきき酒をして、お気に入りのお酒を買ってきました。
吊り橋の「楓橋」を渡って多摩川の綺麗な流れを橋の上からしばらく眺め、穏やかな心地よい感じで帰ってきました。

対岸からの楓橋

楓橋からの多摩川の上流

楓橋からの多摩川の下流

  すいか
水分を十分に取って、熱中症に気をつけてね!! 
いつも訪問していただき、ありがとうございます。 pekori.gif

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。上の3つのバナーを是非クリックしていただけると、とてもうれしいです!!